茨城県 大学偏差値一覧 2014  

 中学偏差値高校偏差値ランキング高校偏差値一覧大学偏差値2関東地方の大学受験勉強法 サイトマップ管理人
 大学受験大学偏差値情報TOP>茨城県大学偏差値一覧















大学受験頻出の英単語を一問一答問題にしてみました。また、PDFで単語練習プリントも作ってみました。ご自由にプリントアウトしてお使い下さい。

















さまざまな勉強法を紹介しています。新しい勉強法を取り入れて画期的に成績が上がることがあります。自分に合った勉強法を見つけるヒントにして下さい。








100







このページでは、茨城県の大学偏差値を国公立・私立に分けて調べてみました。合格難易度比較の参考にして下さい。





茨城県 国公立大学偏差値 一覧(五十音順) 2014

[国立]
茨城大学[教育]57
茨城大学[人文]55
茨城大学[理]54
茨城大学[農]53
茨城大学[工]51
筑波大学[医医]72

筑波大学[社会国際]67
筑波大学[人文文化]66
筑波大学[人間]66
筑波大学[生命環境]62
筑波大学[理工]61
筑波大学[体育]61
筑波大学[情報]60

筑波大学[芸術]60
筑波大学[医医療]58
筑波大学[医看]55
筑波技術大学[保健科]47
筑波技術大学[産業技術]44
[公立]
茨城県立医療大学[保健医療]58

茨城県 私立大学偏差値 一覧(五十音順) 2014

[私立]
茨城キリスト教大学[看護]48
茨城キリスト教大学[文]46
茨城キリスト教大学[生活科学]46
茨城キリスト教大学[経営]46
筑波学院大学[経営情報]44

つくば国際大学[医療保健]46
つくば国際大学[産業社会]44
常磐大学[人間科]46
常磐大学[国際]45
常磐大学[コミュニティ]45
流通経済大学[スポーツ健康科]44

流通経済大学[経済]43
流通経済大学[社会]42
流通経済大学[法]41
流通経済大学[流通情報]40
    ・
    ・

<茨城県内の大学>
(大学ごとの入試情報もまとめてみました。こちらは早見としてご利用ください。)
 [国立]
 茨城大学
 筑波大学
 筑波技術大学
 [公立]
 茨城県立医療大学
 [私立]
 茨城キリスト教大
 筑波学院大学
 つくば国際大学
 常磐大学
 流通経済大学
    
    
    


★数値は、大手4大模試が発表したデータのおおむね平均値です。
★国公立大の偏差値は、昨年度前期試験のデータを基に算出しています。
(前期試験のない学科は中期・後期試験)
★※印は新設です。



全国の大学偏差値をさまざまな区分で分類してみました。志望校選定の参考にして下さい。

<全国/大学偏差値ランキング>

 国公立大学偏差値ランキング(1)  私立大学偏差値ランキング(1)
 国公立大学偏差値ランキング(2)  私立大学偏差値ランキング(2)


<全国/学部別大学偏差値ランキング>

 医学部  歯学部  薬学部  理学部  工学部  理工学  看護学  保健学
 福祉学  農学部  獣医学  法学部  教育学  文学部  人文学  経済学
 経営学  商学部  外国語  美術学  音楽学  芸術学  心理学  体育学
 子ども  家政学  総合政  社会福  リハビ  スポー  デザイ  ビジネ


<圏別大学偏差値ランキング>

 北海道東北圏大学ランキング  中国圏大学偏差値ランキング
 関東圏大学偏差値ランキング  四国圏大学偏差値ランキング
 中部圏大学偏差値ランキング  九州圏大学偏差値ランキング
 近畿圏大学偏差値ランキング  


<都道府県別大学偏差値一覧>

 北海道  青森県  岩手県  宮城県  秋田県  山形県  福島県  茨城県
 栃木県  群馬県  埼玉県  千葉県  東京都  神奈川  新潟県  富山県
 石川県  福井県  山梨県  長野県  岐阜県  静岡県  愛知県  三重県
 滋賀県  京都府  大阪府  兵庫県  奈良県  和歌山  鳥取県  島根県
 岡山県  広島県  山口県  徳島県  香川県  愛媛県  高知県  福岡県
 佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島  沖縄県  





<勉強法ワンポイントアドバイス>

英語のテストは解く順序を変えてみるべし

英語の模擬テストなどでは、まず「リスニング問題」がきて、「長文読解問題」、そのあとに「書き換え」や「穴うめ問題」が続き、最後に「作文問題」がくるのが一般的な出題パターンです。

入試やその過去問題も、ほとんど同じパターンです。配点比重は長文読解問題が最も大きく、残りの比率をその他の問題が分け合うのが一般的です。

このようなテストでの英語が苦手な人の取り組み方は、「リスニング問題が終わった後、まっ先に長文に取り組んで読みこなしにかかるが、分からない単語が出てくるとパニックになり、なかなか前に進まない。だんだん時間がなくなって、長文問題を中断して書きかえや穴うめ問題に取り組んでも、アセッているのでミスを連発。もう作文に手をつける余裕などなく、最後の方の問題は手つかずのまま。」こんな感じになっています。

英語が苦手な人は、テストを解く手順を少し変えてみてはどうでしょうか。リスニング問題の次は、長文読解を飛ばして、まず比較的取っつきやすい「書きかえ」や「穴うめ」・「作文」問題を先に終わらせ、そのあとじっくり長文読解に取り組んでみるのです。

こうすれば、まずアセッてしまって「最後の問題ができない。」ということはなくなります。そして、単純な知識問題で確実に点を稼ぐことができます。もちろん英語に自信のある人は、最初から正攻法で攻めていって下さい。あくまでも方法論の話です。

試してみて下さい。

続きはこちら・・・受験勉強法100選


プライバシーポリシー
Copyright(c)2014 All Rights Reserved. (無断転載は堅くお断りします。)